手形割引の融資は法律上の上限がある wisprr.org

手形割引は担保の融資と同じ
手形割引の融資は法律上の上限がある

トップ » 金融 » 手形割引は担保の融資と同じ

ページリスト

サイトについて

手形割引は融資の一種

手形割引というと手形を買い取ってもらう金融サービスですが、これは一種の融資とみなされます。買い取ってもらうだけなのに融資であるというのは、少しおかしいとかんじる人もいると思いますが、これは担保を取った融資と同じようなものだと考えることができるのです。

例えば、100万円の手形を手形割引によって95万円で買い取ってもらった場合、この5万円が利息に相当するわけです。手形の支払期限が来れば、買い取った業者はその手形を換金して100万円を手にすることになります。もしも買い取ってもらわなかった場合には、同じ日に100万円を受け取ることができます。つまり95万円を借りて、手形の支払日に返済し、利息を5万円支払っているのと同じだと考えられるのです。

手形割引は融資の一種ですから、金利については法律によって上限が定められていますし、サービスを提供するためには貸金業者としての登録が必要となってきます。違いは手形を受け取っているということです。手形がありますから、無担保の融資とは少し違うという特徴があります。