ヘモグロビンa1cを下げる方法 wisprr.org

1~2か月間のヘモグロビンA1Cの変化
ヘモグロビンa1cを下げる方法

トップ » 美容と健康 » 1~2か月間のヘモグロビンA1Cの変化

ページリスト

サイトについて

糖尿病治療の目安はヘモグロビンA1C

現代は糖尿病の潜在患者は急カーブで増加しているという。まさに現代を象徴する病気と言えよう。糖尿病はヘモグロビンA1Cと深い関わりがあり、他の病気のように激しい痛みなどを伴うことが少ないため、知らず知らず進行してしまい、合併症を引き起こす恐ろしい病気である。ただ血糖値をコントロールできれば、合併症の発症を抑えることができる。

この病気の進行状態の目安となるのがヘモグロビンA1Cである。この数値は2カ月間の血液の平均血糖値を表すものである。血糖値の高い状態が続くと体内末端の血管がおかされるため、血糖値を一定の数値以下に抑えることが大切になる。合併症が進行した場合には、足指の切断、心筋梗塞、脳梗塞、失明などが発症する。これらを防ぐためには運動と食事療法、薬品、インスリン注射などで血糖値の上昇を抑えなければならない。

糖尿病は治療による対策だけでなく、太り過ぎを避けるために過度の飲食の節制、ウォーキンッグなど軽い運動が大切になる。こうした日々の節制と努力が数値で分かるのがヘモグロビンA1Cなのである。およそ6%以下であれば「安全」といわれているが、個人差もあるため、専門医の診察を受け、指導助言してもらうことが肝要になる。