賃貸を借りる時の契約内容に注意する wisprr.org

賃貸物件の契約について知っておく
賃貸を借りる時の契約内容に注意する

トップ » 不動産・住まい » 賃貸物件の契約について知っておく

ページリスト

サイトについて

賃貸物件の契約期間のあり方の違い

賃貸物件である住宅を借りて住む場合には、そのオーナーである家主との間で契約を結んで、入居時費用とされているものを支払った上で、入居して居住することになります。その後は、契約満了になるか中途解約して退去することになるまで、毎月、家賃と管理費を支払って行くことは言うまでもありません。

こうした賃貸物件であるアパートやマンションなどは、日本では2年契約ということになっていますから、2年を超えて引き続き住み続けたい場合には、契約更新をして済み続けるということになるわけです。しかし、他国においては、この契約期間を家主と賃借人との間の交渉で決めることができるようになっているところもあるようで、日本とはだいぶ事情の異なっている国もあるわけです。

では、2年間と契約期間が限定されている日本の場合には、賃借人が2年間で追い立てられる可能性があるために、不利になっているのではないのかといえば、そうではなく、実際には契約更新して5年、10年と住み続けている場合が多い、というのが実情であるようです。むろん、賃貸契約の更新時には家賃の一ヶ月分に当たる更新料を払う、というのが相場となっています。