不動産売買と社会の景気変動との関係 wisprr.org

不動産は10年後を見据えて決断を
不動産売買と社会の景気変動との関係

トップ » 不動産・住まい » 不動産は10年後を見据えて決断を

ページリスト

サイトについて

不動産の種類について

不動産には、土地・建物の他、マンションがあります。土地については、年間評価価格が公表されますので、安定した価格が維持できます。土地上にたつ建物については、新築時が2000万円でも、年数をおう毎に評価価格が下がり、売却する場合は結局、土地と付随することが条件となります。

例えば10年を経過した建物については、300万円程度の価格にしか評価されない場合がほとんどです。土地上の建物に比較し、マンションの場合は比較的高く価格が評価され、新築購入時の価格が2500万円の場合、5年経過した物件が1500万円、10年経過した物件が1000万円程度となります。不動産の中で、何といっても不動の価格が維持できるのは土地で、固定資産税の支払いという条件がありますが、財産としての価値は、大変高いものとなります。

土地取引の場合、まずは土地を取り扱う事業者、工務店、建築事務所などに売却の意思を伝えます。その後、売却の意思を伝えた事業者から買取者があった旨の知らせがあり、土地取引が始まります。土地の売却プロセスについては、一般的な方法があり、それに沿って行われることになります。一般化されていない方法は、危険が伴いますので要注意です。不動産売買は慎重に。