不動産者の収入と税金について wisprr.org

不動産経営者に関する収支について
不動産者の収入と税金について

トップ » 不動産・住まい

ページリスト

サイトについて

不動産賃貸経営の所得税計算方法

アパートや駐車場などの賃貸による収入には、不動産所得として所得税がかかってきます。通常の家賃収入の他に礼金や更新料を受け取った場合は、それらも収入として計上します。(敷金は預かり金となるので収入とはなりません)一方経費としては物件にかかる固定資産税や建物などの減価償却費、仲介業者に支払った手数料、その他雑費等があります。また青色申告をしている場合は、青色申告特別控除というみなし経費もあります。こうして確定した不動産所得は、確定申告を行いその人の給料や年金等の他の所得と通算し、最終的な所得税額を計算します。

仕事ある身としてのリラックスできる住まい

住まいは憩いの場です。特に仕事を持っている者にとっては、家族と心休まるときを過ごすオアシスになって欲しいです。家族があれば、家族内の人間関係によって、それは変わりますが、独り身の者にとっては、自分のことだけを考えていればいいので、即リラックスということになります。どちらにとっても、晴れた日には日差しを感じるゆったりとした居場所、雨の日にはしっとりとした囲まれた場所と、住まいが過去を癒し、次への仕事などへのエネルギーを貯めてくれます。安定した気持ちで穏やかに過ごせるよう、整理整頓にも気を配りたいものです。

賃貸不動産経営の年収には個人差がある。

賃貸不動産経営の年収には個人差があります。家賃収入だけで生活できる方は稀です。元から経営するセンスがないと、成り立ちません。有利な条件が揃っていないと、なかなか難しいです。マンションや一軒家を持っていると、もちろん有利になります。人気の高いのはリノベーション物件です。リノベーション物件は流行っているので、入居がとても多いです。資金があれば、経営にトライしてみても良いと思います。不動産で儲かるか儲からないかは、あなた次第です。年収を上げるコツがあるなら、誰でも聞きたいと思うはずです。簡単に儲かる話はありません。