コンベアで生産性管理の向上を目指す wisprr.org

様々なタイプのコンベア
コンベアで生産性管理の向上を目指す

トップ » ビジネス » 様々なタイプのコンベア

ページリスト

サイトについて

コンベアの種類について

一般的に、「コンベア」と言われて思い浮かぶのは、筒が回ることによって運搬されるローラータイプのものや、長いシートが動くことによって運搬されるベルトタイプのものが多いだろう。ローラータイプのものでは箱などの大きなものを、ベルトタイプのものでは部品など、ローラーで運べない小さなものを運ぶことが可能である。

さらに現在、技術の発展により、上記二つ以外に多くの種類のコンベアが登場している。例えば重量のあるものでも安定して安全に運搬できるチェーンタイプ。何枚もの羽を使って回りながら運ぶスクリュータイプは、密閉性に優れているため傾斜も可能であり、粉体を運ぶのに向いている。振動することによって主に粉体などの運搬を行う振動タイプは、振動することによって、運搬と同時に乾燥・冷却・選別・洗浄・脱水などが行える。

石炭や砂など粒状のものを水に混ぜて運搬する液体タイプは、パイプを使って運搬するため、傾斜や長距離の運搬が可能である。このように、一口に「コンベア」といっても、様々な種類が存在するのである。ローラーやベルトのみの場合、水平直角移動がほとんどであったが、技術の発展を受けて、今では傾斜や曲線、果ては上下移動の運搬が可能になったのである。